レアケース!プロフの写真よりも可愛い32歳のマッサージ好きのOLは出会いを求めて男を厳選していた!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

大人交際でもなく、ましてや業者でもない、ただ純粋に男性との肉体関係を持ちたいセックスをしたい女性って、いないようで、結構います。

男性側は、風俗というはけ口がありますが、女性には、そういった場と言うものがありません。

ここ仙台でも数年前(10年ぐらい前?)までは、ハプニングバーというものも存在していたので、多少は、不特定多数の男性と関係を持つこともできたのでしょうが、今現在は、出会い系サイトや婚活サイトで探すほうが、確率は良いはずです。

知り合いの知り合いとなると、あらぬ噂が立ち始め自分の性癖をさらしにくいということがあるので、やはり自分のことを知らない人たちの中で探し、性欲を満たす人が多いのではないでしょうか?

私の場合は、タイトミニで、パンストを履いた女性に惹かれ、潮吹き、顔発、髪型は、ショートボブが理想です。ただ、こんなことを知り合いに言いたくもないし、知られたくもないですから、こっそり出会い系で、理想の女性を探すわけです。

今回、探し当てた女性は、珍しいほんとの好きものと言って良い女でした。

お金も要らない。ただ、ちょっと変わっていて、セックスよりは、全身を愛撫され、何回でもイキたいという性癖を持った女性でした。

今回もハッピーメールで知り合った女の子でしたが、美人でした。とにかく可愛い女性でした。プロフの写真が、また取ってつけたような美しい写真だったので、「どうせまた業者だろう」と思って、期待は全くしていませんでした。
ハッピーメール内のメールのやり取りでも、「私の体にマッサージをしてくれる男性を探しているので、お金なんて要りません。そういった関係を求める場が無いので真剣に探しています。」と嘘くさい。っていうより嘘にしか聞こえませんでした。笑

だって、美人なプロフの写真のうえに、大人交際でもなく、「ご奉仕してほしいの・・」って、業者か冷やかしかにしか思えなかったのですが、もしかしたら?という期待もあり(毎回そう思って待ち合わせ場所へ向かいます。)私は、必ず待ち合わせ場所へは行きます。

使った出会い系サイトもハッピーメール、待ち合わせ場所も、毎度お馴染み~晩翠通りのドンキ前ときたら、業者を疑わずにはいられません。ただいつもとちがったのは、先に女性が到着していたことでした。教えられた服装とは違っていましたが・・笑

私のほうば、実際の格好を教えていたので、彼女の方から声をかけられたわけです。

「どうも、〇美です。 あっ、ハッピーの」

「あっ、どうも」

こんなやりとりだったと思います。

「ごめんなさい。違う服装を教えちゃって・・」

エロエロな服装を教えられていて、半分信じてなかったので、特別驚きもしなかったのですが、待ち合わせに写真以上の美人さんが来たことに動揺してしまいました。

実際の服装は、ベージュのハーフコートに、黒のパンストでした。外ではそれしか見えてなかったので・・メールで話していた服装は、 「膝上30センチのグレーのニットワンピースだよ。コートは着ていきません。」って、デタラメにもほどがある。想像してしまった自分が情けない。

プロフィールの写真よりも可愛い

「いえいえ、気持ちはわかります。でもこうやって声をかけてくれたんですからだ以上んです。それにしても可愛い方ですね。プロフィールの写真よりも可愛いですよ。いやっ、別人に見えますよ。実物のほうが数倍可愛いいです。」などと歩きながら興奮気味に話してしまった私でした。

「あっ、あの写真は私のではないんです。ネットでどこからか拾ってきて、勝手に使いました。笑」

「そうなんだ??」

「自分の顔写真なんて載せられませんよ。知られたくないし、使われるのも嫌だし・・でも同じことしてますね私 笑」

「ごもっとも・・」

そんな会話をしているうちに、ホテルへ着き部屋へ入ります。

コートを脱いだら・・

 

条件は、ほんとにお金は要らないの?

セックスはしても良いの?ゴムアリだよね?キスはOK?

「はい、大丈夫です。お願いします。ただ、メールでも良いっていたように、私はされたいほうなんです。いっぱいイキたいんです。良いですか?」

「じゃバイブは使っても良いんだよね?」

「はい 出来れば、最初にマッサージをされたくて、って言うか せ 性感マッサージのような・・サワサワ感が好きなので・・解ります?」

「おぉっ、ううん分かった。俺もマッサージされるの好きだから、その気持ち良く分かるよ。やってみる。されたことはあるし、やってあげたこともあるから、自分で言うのもなんだけど、メッセージ通り上手いと思うよ」

シャワーも浴びずに、お互い服を脱ぎ(本当は脱がせ、脱がされたいのだが)、下着は付けたまま彼女をうつぶせで寝かせ、早速マッサージ開始です。

ワイン色の上下の下着がエロかったです。

下半身からマッサージをはじめ、数分後彼女から吐息が漏れ始めてきたので、部屋に備え付けの電マで、焦らし作戦開始。
AVの見過ぎか、愛音まりあちゃんの「神イカセ」を真似てみました。

下半身に押し当て、すぐに離す。その繰り返し、もうすでに手業のマッサージではなくなっていましたが、彼女はエロい声を発し、何度かいったようです。
もう良いだろうとパンティの横から挿入し敢無く発射。何も言われていないので、最初は、生で10回ぐらいピストンしてやった。やっぱり生葉気持ちが良いです。

また会える?と聞いたら笑って「また連絡ください。ハッピーメール内で」

その後、ハッピーメールで、彼女を探したら、いませんでした。

無視登録されたかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA