山形の22歳のF子と出会い系サイトで知り合い出来高払い成立!パンストじゃなくタイツ?

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

こんにちは。ムチムチボディ大好きのパンストマニアです。

さて、先月の寒くなり始めた11月頃ですが、20代の前半の女の書き込みを見て興味があったので、返事を書いてみた話です。

何度かメールの交換をして「どうして出会い系サイトを使っているのか?」と聞けば、大人交際をやるためにナンパ待ちをやっていたのです。

出会い系サイトを使っている男の人は気色悪い!と見ていたとか・・・でもお金が無いので、もう誰でも良いらしい返事が返ってきた。その為、大人交際を頼もうと思っていたらしいです。

掲示板へ書き込みしまくっていた淫乱女

F子が言うのは、掲示板でナンパもドンドンされるけど、「お金と引き換えに私を抱いて」というと、みんなに断られ続けたそうです。なんで、お金も無いのに、山形から来たの?と聞くと仙台なら人が沢山いるし、自分の田舎では、人目に着くのが嫌だったの」とも言っていました。

じゃ俺と会ってみる?メールアドレスかラインで返信できるならありがたい。ポイント使わずに済むからね」

「良いよ。その前に、いくらでくれるの?」

お互いのアドレスを交換した後・・

さっき出会い系サイトの○○で知り合った○○です。

はい、△△です。」

じゃ、さっきの続きだけど、2万円でどうかな?ただし、出来高払いね。

出来高払?

いるんだよね。最初にお金支払ってしまうと、俗にいうマグロ女っていうやつ。なだ寝そべっていて、たまに声を出す程度の面白くもなんともない女」

「フェラしてくれ、パンスト履いてバックでさせろ、顔射させろ!2時間は一緒に居てもらわないと」など色々注文を付けても、後の祭りと言うことが良くあるんだ。全部拒否される可能性もあるから、最初に2万をとりあえず、払っておいて、帰る時に、プラスアルファを支払うシステムなんだよ。

「俺が、満足した度合いによって、最高額で1万円プラスと言うのはどうだい?つまり総額3万円にはなる。」

「ただし、オプションは無しだ。顔射は、5,000円とか、フェラは、3,000円とかね。全て込みだよ。良い?」「

「最初に2万円くれるて、私のやることが気に入ったらプラス1万円?ほんとに? 気に入らなくても2万は確定ね?私の見た目も気にいらなくても?」

「どんな感じ?痩せてるとか ぽっちゃりとか」

「普通だよ。」

「足は太いかも」

「ふーん」

「ムチムチ?」

「自分の足は嫌いなの」

「プロフィールの写真を見ると、顔全体がぼやけていて解りにくいけど、結構可愛いと見た!」

「そう?笑・・」

「ねぇ、会ってくれるの?」

「じゃ契約成立? 最低2時間2万円の出来高払いってことで良いね?」

「解った」

「ところで、顔発はOKね?」

「んーー、だって・・コミなんでしょ?」

「出来高払いとして、評価するよ」

「じゃ良いよ」

「よし!成立だ」

「あっ思い出した。パンスト履いてきてくれたら、1,000円確定とするよ」

「普段私は履かないから、じゃコンビニで買ってくる。」

「楽しみだ。白か黒かも会ってからのお楽しみにしておくよ」

「解った。今から?」

「今日は無理なんだ。」

明日にしよう」

「え~?今日じゃないと、もうお金ないから、どうしようもないの・・」

「うーーん。じゃ最初だけ生でさせてくれる?まだ汁が出る前にちょっとだけ・・即入れの2回だけ腰を振るという条件なら、なんとか都合をつけるよ」

「それはちょっと困る・・」

「速攻で入れて2回だけ腰を振ったら、すぐ抜くから。良いでしょ?」

「じゃ3回以上は絶対やめて下さいよ」

「解った。約束する」

「今夜8時頃からどうだい?」

もう少し早くなると助かる」

「居場所がないから早く暖かいラブホに入りたいの」

「わかったよ都合付けるよ」

自分としても下半身がもういきり立ってどうしようもない状態だったのですが、平静を装って「俺は別に会わなくてもいいんだよ。」ぐらいの態度でメールのやり取りを交わしたつもりでした。

足元見られたくなかったのでね。

待ち合わせ場所はなんと!アエル?

さぁ困ったぞ。あんな人通りの多い場所で、若いお姉ちゃんと待ち合わせは・・知り合いにでも見られたら、面倒だ。でも相手は土地勘がないというから仕方がない。夜だし、この時期なら暗くなっている時間だからOKした。フードか帽子でも被っていけば何とか凌げるだろう。

ほんとうは、時間は有り余っていたのだけど、さっきも言ったように平静を装って、出来高払いの1万円を出来るだけケチようっていう魂胆でした。

待ち合わせの10分前にアエルに着いたらもうすでに、彼女は立っていた。あれだろう?すぐに分かった。だって、目が誘っているように見えたから。

どちらともなく声をかけて、「じゃ行こうか」

一階の仙台駅前タクシー乗り場へと向かった。行先は、立町のラブホ。駅前近くでも良かったのだけど、駅前近辺を歩いてウロウロしたくなかったので、迷わず立町に決めていた。

結構可愛いしグラマーで俺好みのムチムチボディ

コート越しにしか見えなかったのだが、おみ足は見ることが出来た。約束通りパンストも履いてきたようだしって・・最初から履いていたんじゃ?それは、パンストじゃなくて、タイツだろ?

やられた・・でもまぁいいやと、思考力がもうすでになく、ラブホに入ったら即セックスすることしか頭にないようだった。「やられたららり返すだ!」

立町の中で、割と安いうえに部屋も綺麗な、〇ディに入ることにした。

時間がもったいなかったので、エレベーターの中で2万円を渡した。

部屋に入り、即抱きしめた。

「ちょっと待ってシャワー浴びたい」

「汗臭いほうが、興奮するんだよ」

「いやっ」

「出来高払い。出来高払い」とつぶやいたら彼女は抵抗を止めた。

俺は、服を着せたままセックスをしたいほうなので、コートを脱がせたら、あとは、スカートをたくし上げ、パンスト、いやっタイツを膝まで下すだけ。本来はパンストをビリビリに破るのが趣味なのだけど、タイツを破るのは、時間がかかる。

有無を言わさず、バックで、先っぽだけ挿入してみた。が、やっぱり湿りっ気がないと今一つ気持ちよさが伝わらない。でもあのザラツキ感はたまらない。やっぱり生だわ。

約束通り2回だけ腰を振り、あとは、そのままベットイン。

白いセーターも上までたくし上げ、スカートもたくし上げ、愛撫体制に入る。とここで、なんで金を払うほうが、ご奉仕してるんだと一瞬思ったけど、気にせず続行。ここでも性欲が勝ります。

思った通りのムチムチボディだった。デブでもなくガリガリでもない。程よく柔らかい肌は、若さの特権だ。

とここで、囁いてみた「潮は吹いたことあるかい?」

「えっ?」

「だからアソコは濡れやすいのかい?シーツが、ビショビショになるぐらい」

「自分では解らないし、そんなこと言われたことない。」

「そうなんだ? 俺、潮吹きに興味あるんだ。AVでしか見たことないけど、あれって凄いよね。おしっこのように飛ばすんだよ。あれ見てると興奮するんだ。それと口から出る唾液も興奮するよ。液体フェチかも知れないよ。」

「変態なんですね。」

「そうなんだ変態なんだよ俺は」

そんなことを言いながら1回戦は終了した。やっぱり若いのは、どんない遊んでいても、アソコの締り具合は良いね。程よく締まっている。

30分ほどしてから2回戦突入

若くもないのに、どこにそんな勢力あったのかと我ながら思ってしまう。だってまだやり残したことがある。顔射と潮吹きだ。

残念ながら潮吹きは成功しなかったけど、喘ぎ声は色っぽかったし、何でも素直に受けれてくれた。顔射もしたが、2回線だったということもあり、不発気味の少量しか出ず面白みは無かった。

でも、顔もスタイルも合格点だし、出来高払いのプラス1万円を支払って、ホテルを出た。

ただし出たのは、俺の方だけでした。F子は、今晩ここに寝泊まりをするつもりらしい。山形から来たのは本当だったのかな・・

また会う約束はしたのだけど、深みにはまりそうだったので、保留にしておこっと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA